ADIDAS GAZELLE HISTORY

1960年代以前

ADIDASのスエード製トレーニングシューズ「GAZELLE」ガゼルについて歴代のモデルを紹介して行きます。

スポンサーリンク

GAZELLEって何て読むの?

最近やっとadidas JapanでもGAZELLEをガゼルで統一してきました。
そもそも日本に登場した際はガゼルと呼んでいて、当時はガゼル皮を使用したシューズとして紹介されていました。当時販売されていたGAZELLEは斑点模様の付いたスエードでしたので、ガゼル皮と言われて信じていました。(完璧なデマです。実際はカンガルー皮です)

そんな時日産が販売した車がこちら!

80年代を知っている方なら分かると思いますが、日産のGAZELLEです。
GAZELLEと書いて「ガゼール」と呼ばれていました。この車のせいかadidasのGAZELLEもガゼールと呼ばれるようになります。

それがなぜ「ガッツレー」になったのか、1990年代ビンテージスニーカーがジョーダンの影響でブームになりました。その際ビンテージスニーカーを紹介していたBoomという雑誌で紹介されたのが最初です。ドイツ語でGAZELLEは「ガッツレー」と呼ぶので「ガッツレー」が正解だと???
はぁ? GAZELLEはドイツ語で読んだら「ガゼル」か「ガッゼル」でしょ。英語なら「ガゼール」が正解です。「ガッツレー」なんて呼ぶのは一体誰で何語ですか?スペイン語・フランス語・イタリア語・ポルトガル語でも「ガゼル」です。
結局一体何でガッツレーになったか不明ですが、最近は正式に「ガゼル」になっています。

1965 adidas GAZELLE 発売!

adidasのGAZELLEは1965年に発売されます。最初のモデルはガゼル皮ではなくカンガルー皮が使用されていたようです。

1965 adidas GAZELLE-ROT west germany

こちらが1965年に発売された最初のGAZELLEです。最初のモデルはヒールタグが付きます。
1965年モデルはヒールタグが白で出来ています。

1966 adidas GAZELLE-BLAU west germany

1966年のGAZELLE-BLAUです。ヒールタグに色が付くようになります。

1967 adidas GAZELLE-ROT west germany

1967年のGAZELLEです。66年と変更はありません。最初のカタログは1966年のものです。

1969 adidas GAZELLE west germany

1969年には紐穴横にジッパーが付いて簡単に履けるようになるのですが…
たった1年で製造を中止してしまいます。不人気だったのでしょうか?

1970 adidas GAZELLE west germany

1970年のガゼルの青と赤になります。このモデルが標準の形になります。

1971 adidas GAZELLE austria

1971年のオーストリア製のガゼルになります。初めて西ドイツ以外で製作されたガゼルで、ゴールド色が採用されました? なお、ゴールドのガゼルは70年代ではオーストリア製しかありません。
メキシカーナに見えるのですが、adidas archivesではガゼルになっているので掲載しておきます。
間違っていたら御免なさい。

ちなみに1971年のオーストリア製のメキシカーナな青スエードの白ラインになっています。
もしかしてガゼルと間違えているかも?

こちらが1971年のメキシカーナとして紹介されているもの。やっぱり間違ってますよね。

1972 adidas GAZELLE west germany

1972年の西ドイツ製のガゼルです。71年に比べ踵のヒールパッチが高くなります。

1975 adidas GAZELLE west germany

1975年の西ドイツ製です。あまり変化はありません。ベロが1973年から75年まではビニール製になります。またトレフォイルマークがベロに付くようになります。

1975 ユーゴスラビア製

同じ年のユーゴスラビア製です。形状は西ドイツ製とほぼ同じですが、ヒールパッチにステッチが入らないのが特徴です。

1977 adidas GAZELLE new zealamd

1977年にはニュージーランドでもガゼルが製作されるようになります。また南米でも同じ年にブラジルやアルゼンチンでも製作が開始されます。なお踵にトレフォイルマークが入るのは1976年からになります。

1978 adidas GAZELLE west germany

1978年の西ドイツ製です。この年に発売された西ドイツ製のランニングシューズはベロがイボイボのビニールで製作されています。これは80年まで継続し、その後イボイボは無くなります。

1980 adidas GAZELLE INDOOR west germany

1980年にはガゼル・インドアが発売されます。つま先のスエードの形状が大きくなります。

1985 adidas GAZELLE canada

1985 GAZELLE canada blue

1985年になるとカナダ製のガゼルが登場します。90年代には結構輸入されました。

1985 GAZELLE canada red

通常色の青と赤はあまり人気が無く、価格は1万円以下で入手可能でした。

1985 GAZELLE canada pink

90年代に人気だったピンクです。カナダ製のガゼルの中では一番人気でした。

1985 GAZELLE canada green

2番人気だったのがこちらのグリーンになります。

1985 GAZELLE canada light blue

カナダ製の最後はライトブルーのガゼルです。通常のブルーより明るめなので、女性にも人気がありました。

1986 GAZELLE austria

1986 GAZELLE BLAU

1986年のオーストリア製のブルーです。

1986 GAZELLE GRUN

同じオーストリア製の緑になります。1985年以降は各国で色々な色がガゼルとして販売されるようになります。

1987 GAZELLE

1987 GAZELLE SUPER austria

1987年になると紐穴横にadidasの表記が付くようになります。名前にもスーパーが付きます。

1987 GAZELLE SUPER NAVY yugoslavia

同じ年のユーゴスラビア製の紺色になります。ベロも同じ色になります。

1990 GAZELLE yugoslavia

1990年になるとラインに名前が入るようになります。

1992 GAZELLE china

1992年になると中国製が出てきます。

1994 GAZELLE taiwan

1994年には台湾製のガゼルが登場します。

1994 GAZELLE thailand

1994年のタイ製です。この年以降新生ADIDASとして世界各国でシューズの生産が行われます。
日本には輸入されませんが、アフリカの南アフリカ共和国などでも生産されています。
気になる方はNETで検索して見て下さい。結構新作でも珍しいモデルを見つけることが出来ます。

コメント

vintage_sneaker

1970年代からスニーカーに目覚め、ビンテージスニーカーを中心に集めています。ポパイやBoonなどにも登場した経験があります。
基本的にadidas/converse/nikeなど70年代を中心に収集していますが、当時のcatalogや専門書も収集しています。また暇な日には情報収集のため靴屋・古着屋巡りもしています。
古いスニーカーに関しての情報を発信しながら、普通のスニーカー情報もお伝えします。もと靴屋の販売員の経験も活かし、履きやすい靴の選び方も紹介しますね。質問などありましたらお気軽にどうぞ。

vintage_sneakerをフォローする
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました