ADIDAS スーパーレジャーシリーズ タヒチ

1970年代
ADIDAS TAHITI

ADIDAS TAHITIは1973年にレジャーシューズとして登場します。
今回は1970年代に登場したスーパーレジャーシリーズから、当時人気の高かった青いスエードシューズを中心に紹介します。

スポンサーリンク

ADIDASにアイランドシリーズは存在しません!

ADIDAS BOOKに掲載されたレジャーシリーズ紹介の掲載文です。
「レジャー シリーズのモデルの多くは、異国情緒な海岸の場所にちなんで名付けられているため、このシューズは現代のファンによって「アイランド シリーズ」と呼ばれることがよくあります。

しかし、アディダスオリジナルでは、それらをスペシャルレジャーと呼んでいます。

アディダスがそれらをアイランドシリーズと呼んだ事は一度もありません。」言っています。

これはアイランドというのが差別用語に分類され、一般企業では使用しない表現だからです。
日本でも島出身の方なら学生時代に「島出身」だからといって差別を味わった方も多いと思いますが、海外ではもっと差別がひどいところが多くあります。

そうですね。日本でも島出身の人は島以外の人を「内地の人」って呼びますし、内地の人もスポーツ大会などで会うと「島の人」って軽蔑する人がいますね。
男性B
男性B
男性A
男性A
そうですね。特に海外では植民地という時代が多くありますので、島=植民地として蔑んだ経験が多くあります。このため島という表現は使わないのが常識になっています。
なるほど、言われてみればそうですね。
しかもアイランドシリーズというなら、NIPPONやJAPANも島ですし、TOKYOやOSAKAもアイランドシリーズになっちゃいますね。
女性B
女性B
男性A
男性A
そうなりますね。
一部ファンが言い出した言葉ですが、常識ある会社なら使わないのが普通ですが、何も知らないお店の方がアイランドシリーズと使うのが日本では多いようです。
まあ、そんな非常識な販売店は儲け主義の店で認識の無い会社ですから、購入するのは避けた方が良いでしょう。といってもADIDAS JAPANも使ってましたが、今では修正して使ってません。

1973 ADIDAS TAHITI FRANCE SPECIAL LEISURE

1973年上記2種類のタヒチが同時発売されます。当時日本では兼松スポーツが輸入販売されていませんでしたが、一部並行輸入店では水色の方が良く販売されていました。

1970年代においてメンズクラブやポパイの他、FINEと呼ばれる女性向けサーファー雑誌で取り上げられ、関東では湘南にあるサーフショップで多く販売されたのがキッカケで1978年から正式販売されるようになりました。但し水色のみが正式販売で紺色の発売はありませんでした。

そうなんですね。FINEって女性誌だったんですね。
だからFINE BOYSって雑誌があるんですね。
男性D
男性D
男性A
男性A
はい、当時湘南までシューズを買いに行きました。
都内では全然売ってなかったんですよ。得に紺色は非常に珍しく、アメ横でもほとんど売っていませんでした。

1973 ADIDAS MARINA FRANCE SPECIAL LEISURE

TAHITIと同じ年に発売されたマリーナです。こちらはサドルシューズシューズのようになっており、テニスのモンテカルロのスエード版のようです。なおこちらは日本未発売のシューズになります。

こちらのシューズは単純なビブラムソールが採用され、単純な作りになっています。

1977 BALI FRANCE SPECIAL LEISURE

1977年に登場したバリです。アッパーは完全なタヒチと同じです。

なおバリのソールはこちら。タヒチに比べタウンシューズっぽくなっています。

1983 BALI FRANCE SPECIAL LEISURE

1983年になるとBALIはご覧の色に変化します。どちらかというとハワイに近くなります。

1982 BERMUDA FRANCE SPECIAL LEISURE

1980年代になるとタヒチの紺色バージョンにも似た様なバミューダが登場します。

ソールはご覧のようになっています。滑りにくいようなソールになっていて、デッキシューズとして使用できるようになっています。

1979 BERMUDA FRANCE SPECIAL LEISURE

なおバミューダは1979年においてはご覧のようなシューズとして発売されていました。

1983 BERMUDA FRANCE SPECIAL LEISURE

1983年には再びご覧のようなカジュアルシューズに戻ります。どちらかというとバミューダは、このようなタウンシューズというイメージでした。

1980 AS800 FRANCE DESCENTE

1980年にはデサント企画によるフランス製のスエードシューズ、AS800が発売されます。
こちらのシューズは日本のみの発売で、デサントが手掛けたクラブアディダスのショップで販売されました。ほとんどタヒチの姉妹品で、踵にadidasマークが入るのが特徴です。

AS800はクラブアディダスの商品だったんですね。
男性B
男性B
男性A
男性A
はい、このため一般の靴屋やスポーツ店では販売されていません。一部アスリートアテックでは販売されていましたが、数は少なく日本限定ですので最近はあまり見つかりません。

2001 2015 TAHITI 復刻 日本

2001 TAHITI JAPAN

日本でのTAHITI復刻は2001年になります。

2015 TAHITI JAPAN

2015年に日本で復刻されたTAHITIです。
この2種類以外にも海外製のTAHITIは何度か復刻されています。ただオリジナルの70年代に比べ見た目がパッとしない感じになっているのは仕方がないものでしょうか?

2023 BERMUDA 復刻 SPECIAL LEISURE

2023年復刻されたバミューダのメンズ版です。アイランドシリーズでは無いので注意して下さい。
このシューズをアイランドという販売店は無知な店ですので、高いですから購入は控えましょう!

2023年のバミューダのレディース版になります。女性用はピンクと黄色の2色が販売されています。
安いところでは定価の2割引きで売られていますので、できるだけ安く購入するのが望ましいシューズです。

スポンサーリンク
1970年代adidas
スポンサーリンク
vintage_sneakerをフォローする
スポンサーリンク
vintage_sneaker

コメント

vintage_sneaker

1970年代からスニーカーに目覚め、ビンテージスニーカーを中心に集めています。ポパイやBoonなどにも登場した経験があります。
基本的にadidas/converse/nikeなど70年代を中心に収集していますが、当時のcatalogや専門書も収集しています。また暇な日には情報収集のため靴屋・古着屋巡りもしています。
古いスニーカーに関しての情報を発信しながら、普通のスニーカー情報もお伝えします。もと靴屋の販売員の経験も活かし、履きやすい靴の選び方も紹介しますね。質問などありましたらお気軽にどうぞ。

vintage_sneakerをフォローする
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました