ADIDAS ARTHUR ASHE HISTORY

1970年代

アディダスのシグネイチャーモデルの1つであるアーサーアッシュの歴代シューズの変遷を紹介します。以前のBROGから判明した新しい内容も紹介します。

スポンサーリンク

1968 USOPEN ARTHUR ASHE アマチュアとして初優勝!

1968年8月下旬から9月上旬に行われた初めてのプロも参加できるオープン大会のUSオープンにおいて、当時陸軍中尉だったアマチュアのアーサー・アッシュがプロのトムオッカーを破り初優勝しました。

その時履いていたのがコンバースのキャンバス製テニスシューズ、ネットキングです。ラケットはまだウッド製のウィルソンを使用していました。
USAの選手のほとんどは当時コンバースのシューズを履いていました。

この優勝を記念して9月20日号のLIFEの表紙を飾っています。

この時履いていたシューズがこちら。踵にはしっかり3つ星のヒールパッチが付いています。

そしてこちらが当時のコンバースのテニスシューズを紹介した広告です。ちなみにUSAの選手であるスタンスミスやジミー・コナーズもデビスカップではこのシューズを履いていました。

1969 ARTHUR ASHE SHOES

1969年になるとアーサー・アッシュはアディダスのハイレット(ロバート・ハイレット)を使用します。ラケットはヘッドの金属製を使用、有名なアーサー・アッシュ・コンペティションを使うようになります。

1969年にアディダスフランスから出されたテニスシューズのカタログです。
表紙にはジョン・ニューカムとフレッド・ストールが紹介され、次のページに白黒ですがハイレット使用選手としてアーサー・アッシュが紹介されています。

同じ1969年、アーサー・アッシュはスーパースターでも試合に出場しています。

1970 HEAD ARTHUR ASHE

1970年になるとご覧のHEADのアーサー・アッシュを使用するようになります。

こちらは1971年の全英オープンで使用したHEADのアーサー・アッシュ。

同じ1971年のフランスオープンでのシューズです。形状からして何だか分かりますか?

こちらがそのヘッドのアーサー・アッシュになります。形は全くのハイレットです。

販売先はUSAのHEAD社ですが、製造はADIDASが行っており、HAILLETのアーサー・アッシュ版といった感じどOEM製品です。

1972 HEAD ARTHUR ASHE

1972年にはハイレットと同じように小指側に補強ステッチが入ります。なおアーサー・アッシュはこのHEAD製のシューズ以外にハイレットも同時に使用しており、コートに合わせてADIDASのシューズを変えています。

1974 ADIDAS ARTHUR ASHE

1974年には上記アディダスのアーサー・アッシュが登場します。こちらは通常の牛皮ではなく軽い豚革を使用、ソールもハイレットに比べ硬い材質に変わっています。

なお1974年のウィンブルドンではご覧のアドバンテージも使用しています。こちらのシューズは数年前に復刻されましたが、形状はウインブルドンに似ていますがつま先がスエードのモデルです。

1975 HEAD ARTHUR ASHE

1975年になると再びHEAD社製のアーサー・アッシュが登場します。こちらはベロと踵のヒールパッチが赤で出来ているのが特徴です。また初期型はADIDASのアーサー・アッシュと同じ形状でサイドの通気口はハイレットと同じ形状の3本ラインになっています。

1979 HEAD ARTHUR ASHE

1979年になるとサイドのステッチはヘッドのマークに変化します。

最終的にはADIDAS製ではなくUSA製に変化します。ただHEAD社製のアーサー・アッシュは1979年で終了し、ルコックへ移動します。

1980 Le Coq Sportif ARTHUR ASHE

1980年、アーサー・アッシュのシューズはルコック・スポルティフから発売されます。ただしこのシューズを製作したのはルコックと提携関係のあったアディダス・フランスでした。

なおルコックへ移動したアディダスのアーサー・アッシュは、1980年にマッチプレイと名前を変えて継続販売されます。当時並行輸入で14,000円で販売されていました。

2013 ADIDAS MATCHPLAY 復刻

2013年にはマッチプレイが復刻され、色々な色のモデルが販売されました。

2017 ADIDAS ARTHUR ASHE 限定発売

2017年にはアディダスのアーサー・アッシュとして1975足限定販売されました。
1975年のウインブルドン優勝を記念したため1975足販売となっており、シリアルナンバーが付けられていました。

2020以降 ARTHUR ASHE SHOES

2020年にはご覧のアーサー・アッシュシューズが販売されました。

またルコック・スポルティフからも80年代のモデルが何度か復刻されています。
現在ADIDASとの関係は切れていますが、フランスのスポーツメーカーとしては古い歴史を持ったメーカーですので、一度履いてみることをお勧めします。
造りは単純なものですので、スタンスミスやスーパースターを好きな方には良いシューズです。

コメント

vintage_sneaker

1970年代からスニーカーに目覚め、ビンテージスニーカーを中心に集めています。ポパイやBoonなどにも登場した経験があります。
基本的にadidas/converse/nikeなど70年代を中心に収集していますが、当時のcatalogや専門書も収集しています。また暇な日には情報収集のため靴屋・古着屋巡りもしています。
古いスニーカーに関しての情報を発信しながら、普通のスニーカー情報もお伝えします。もと靴屋の販売員の経験も活かし、履きやすい靴の選び方も紹介しますね。質問などありましたらお気軽にどうぞ。

vintage_sneakerをフォローする
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました