CONVERSE HISTORY コンバースシューズ変遷④

1960年代以前
スポンサーリンク

CONVERSE HISTORY 1931~

1931年 CONVERSE ALL STAR 広告

1931年のコンバースの広告からオールスターになります。この年からアンクルパッドが白のゴム製に変化します。またボディーもブラウンからブラックへ変更され、黒のみの販売となります。ソールに関しても黒(こげ茶)となっており、全体的に真っ黒なイメージになります。

1931年のアンクルパッド ALL STAR

左は1931年の広告に掲載されたアンクルパッドの画像です。星の上部に「CONVERSE」、下に「ATHLETIC SHOE」の文字が入ります。なお星の内部にCXのマークが入る広告と入らない広告がありますが、実物は右の様に腐食しやすく確認できるものはほとんどありません。ただ確認できるものは全てCXのマークが入っているので、この年代はCXのマークが入っているのが普通かと思われます。

1931年 CONVERSE その他シューズ

1931年のALL STAR以外のシューズとしては、HICKORY・SIREN・LUCKY BOYが紹介されている広告を見ることができます。ごらんの様にHICKORYのみALL STARと同じ星が入るデザインとなっており、その他はCONVERSEのみの表記となります。

1932年 CONVERSE ALL STAR 広告

1932年夏のALL STARの広告です。夏まではまだ変化はありません。ただしこの年から世界恐慌の影響を受けコンバース社内の経営権争いが発生します。

1932年秋 通気口の登場!

1932年10月、初めて土踏まず部分に2つの通気口が付きます。以降現在まで通気口付きのオールスターとして継続されます。
なおこの広告以降しばらく宣伝が無くなり、次のALL STARの広告は1936年になってしまいます。

記載主
記載主

踵のヒールパッチにチャックテーラーが入るのは1934年と言われています。
ただしこの時代の広告や資料が少ないので、証拠となるものが見つかりません。
本当かどうか不明ですが、CONVERSEの見解を信じてチャックテーラーの踵表記は1934年、アンクルパッチ表記は1946年と覚えて下さい。

CONVERSE 初のDISNEYコラボシューズ発売

1934年 CONVERSE MICKEY MOUSE SHOES

1934年に初めてディズニーとのコラボシューズとしてミッキーマウスのシューズが登場します。
なおサイズはユースのみでメンズは販売されていません。やはり子供用のみの展開だったようです。またヒールパッチは付きません。

CONVERSE ALL STAR 1936~

1936年 CONVERSE ALL STAR 広告

1936年のALL STARの広告になります。
初めてレザーオールスターが登場しますが、実際の発売は1934年とされています。同時にこの年初めてAIR-FLO INSOLEの記載がされます。なおインソールにAIRを使用したのはコンバースが最初で、1960年代においてPRO-KEDSもAIR INSOLEを採用しています。また1975年のコンバースのプロレザーにおいてもAIR INSOLEの記載がされており、AIRはNIKEというイメージがありますが、古いコンバースを知っている人にはAIRといえばCONVERSEになります。

なお個人的な意見ですが、NIKEのTAILWINDのAIRはクッション性は高かったのですが、ワッフルソールであったため接地時の安定性悪く転ぶことが良くありました。それに対しKEDSのエアインソールは安定性が高かったため、私にとってはKEDSの方が履きやすいイメージがあります。
KEDSのAIRはNIKEのテイルウインド並みに反発が強かったです!

記載主
記載主

1969年に発売されたPRO-KEDSのXL TENNIS SHOESがAIR搭載のシューズになります。
当時見つけるのが困難というか、高額で扱う店が少なかったため購入できないシューズでした。
このためメンズクラブで「幻のプロケッズ」と紹介され、その履き心地は最高のものでした。

ちなみにKEDSはインソールに空洞を付けたAIRで、履いているとクッションが悪くなります。対してCONVERSEのAIRはゴムの内部に空洞を付けたもので、それほどクッション性が高いものではありません。プロレザーを履いてNIKEのようなAIRのクッションを感じないことからも判ると思います。

1936年 OLMPIC ALL STAR 登場!

1936年オリンピックオールスターとして白のモデルが登場します。この初期オリンピックオールスターはソールサイドが白で青ラインが入るのが特徴です。
オールスターの中で見つかり難いシューズとなっています。

1937年 ALL STAR 広告

1937年のALL STARの広告になります。
黒のオールスターにもサイドにステッチが3本入るようになります。なおオリンピック・オールスターもソールサイドが黒になり、全てのオールスターが黒のソールになります。

1938年 1938年 ALL STAR 広告

1938年のALL STARの広告になります。前年と変化はありません。
1939年にはFOOTBALL SHOESが登場します。

アンクルパッドにはフットボールのボールがデザインされています。こちらのシューズは結構見つかり安いものとなっています。

1939年 GIRLS ALL STAR

1939年にはガールズ・オールスターが登場します。
真っ白なデザインで形状はラッキーボーイに似ています。フラットなソールとなっており、ジム用のシューズになります。

コメント

vintage_sneaker

1970年代からスニーカーに目覚め、ビンテージスニーカーを中心に集めています。ポパイやBoonなどにも登場した経験があります。
基本的にadidas/converse/nikeなど70年代を中心に収集していますが、当時のcatalogや専門書も収集しています。また暇な日には情報収集のため靴屋・古着屋巡りもしています。
古いスニーカーに関しての情報を発信しながら、普通のスニーカー情報もお伝えします。もと靴屋の販売員の経験も活かし、履きやすい靴の選び方も紹介しますね。質問などありましたらお気軽にどうぞ。

vintage_sneakerをフォローする
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました