1972 NIKE FLYTE トラック競技用SHOES

1970年代

1972年、オレゴン大学のトラック用シューズとして製作されたオールラウンドシューズ、それがフライトになります。こちらの写真は1973年のSSシリーズ(春・夏シーズン)用のカタログに掲載された写真です。

スポンサーリンク

1973 NIKE FLYTE WET

一番見つかるWETタイプのシューズ。黒いエナメルのシューズですが、このシューズを見ると鬼塚タイガーのビッカーを連想するのは私だけでしょうか?
当時普段履きのスニーカーとしてエナメル仕様のタイガーのビッカーは雨用として重宝されたシューズです。キャンバスが主流のスニーカー時代で、雨の日での履けるシューズは画期的で人気がありました。

鬼塚タイガー ビッカー

この鬼塚のビッカーは長い間販売されました。このためビッカー・モントリオール、ビッカー・モスコー(モスクワ)とそれぞれのオリンピックモデルとしても採用されました。

個人的にはこちらのモスコーの海老茶色のモデルが一番好きです。黒や紺だとジーパンに合い難いのでこの色が一番リーバイスのジーパンに合うんですよね・・・
個人的には、このモデルだけはずっと発売していてもらいたいスニーカーです。アシックスさんお願いしま~す!

1973 NIKE FLYTE SUEDE

1973年のカタログ上では、上記2色紹介されています。

1973年のカタログ上にはスエードは2色存在しますが、後半に黒が追加されます。
こちらはSaints Goldになります。

こちらがもう1色のCanadian Redになります。

さらに1973年に追加されたBlackになります。黒だけ踵がスムースレザーになります。

いずれも日本製で数的には見つからないモデルとなっています。

1973 NIKE FLYTE REGULAR white leather

スムースレザーのフライトになります。こちらのモデルがFLYTEの中で一番見つからないモデルとなっています。実際には数はあまり出ていないモデルではないでしょうか?

なおFLYTEは1974年のカタログからは消滅していますので、1972年~1973年にかけて販売されたものと考えられます。

スポンサーリンク
1970年代nike
スポンサーリンク
vintage_sneakerをフォローする
スポンサーリンク
vintage_sneaker

コメント

vintage_sneaker

1970年代からスニーカーに目覚め、ビンテージスニーカーを中心に集めています。ポパイやBoonなどにも登場した経験があります。
基本的にadidas/converse/nikeなど70年代を中心に収集していますが、当時のcatalogや専門書も収集しています。また暇な日には情報収集のため靴屋・古着屋巡りもしています。
古いスニーカーに関しての情報を発信しながら、普通のスニーカー情報もお伝えします。もと靴屋の販売員の経験も活かし、履きやすい靴の選び方も紹介しますね。質問などありましたらお気軽にどうぞ。

vintage_sneakerをフォローする
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました